リフォーム事例

介助が必要な家族が安心して暮らすためのリフォーム

  • 戸建て
  • バスルーム
  • 洗面・トイレ
2018.07.24
施工場所 寝室、洗面、トイレ、浴室、廊下
施工期間 1か月
総費用 365万円
築年数 30年超
リフォーム目的
  • バリアフリー
■リフォームを考えたきっかけ
母が自宅で転倒したことによる骨折で人工股関節となり、リハビリをしても普通に歩けるかどうか分からない状況となってしまったため、実家をできるだけバリアフリー化したくてリフォームを検討しました。
母の退院まで1~2か月と思われる中でのリフォーム業者探しでしたが、できれば入院中にリフォームを終わらせたいと思っていました。
数社に送った見積もり依頼の文章に、ほとんどの社は通り一遍の定型文の連絡が多かったのに対し、フジアートさんは最初から深く読み込んでいただき、とても配慮深いご提案をしていただけました。
その後の打ち合わせ等でもリフォームの「意図」を汲み取っていただき、より良い形で進めていけそうと考え、契約しました。
母は階段を登ることが困難になる可能性が高いので、1Fだけで暮らせるように和室を洋室にして父と母の寝室にしたいと考えていました。
さらに和室の押し入れを利用し、寝室から入れるトイレを新設したいと希望しました。
具体的な工事内容の打ち合わせ中に構造上希望通りいかないことがあったり、依頼した私と今後実際に生活する父や母とでは考えが食い違ってしまったりしましたが、その都度プランを作り直してくださいました。
納期に余裕がないのに、手抜きせず丁寧で良心的に工事を進めてくれたことが良かった点と思います。 その結果、高品質で生活し易い住居に生まれ変わりました。

リフォーム前

◎リフォーム前の課題

・和室を洋室にして二人の寝室とする。

・和室にある押入れを撤去し、寝室から入れるトイレを新設。隣接する洗面所にも入れるようにする。

・浴室に段差があるためバリアフリー化したい。

・廊下の床がきしんでいるため、その補修をしたい。

・廊下の壁や洗面室、トイレ、風呂、階段に手すりをつけたい。

現在の1Fトイレも使いたいが、階段下のトイレで天井が低いため、廊下から一段下がっている。ドアの位置を変更し、段差をなくして使いやすくしたい。

リフォーム前

◎フジアートからの提案

ご両親とは別に住む息子さまから、ご実家のリフォームについてのご相談でした。当初お母様の退院後は、車椅子での生活になることを想定されていました。

幸いお母様の懸命なリハビリにより、退院するまでには杖や手すり等に掴まっての自力歩行が可能になりました。ご両親は今後の生活のためになるべく費用を抑えておきたいとご希望だったので、車椅子用にリフォームするより、段差の解消や最低限の設備交換をしたいというご要望に対応することにしました。

ユニットバス交換、洗面所改修(洗面化粧台交換、洗濯パン交換)、トイレ新設・改修、和室から洋室に変更(畳からカーペットへ交換)、手すり取付け、壁紙交換、建具交換などを施工しました。

使用設備:浴室/TOTO/WG1418 洗面/TOTO/Vシリーズ・側面用キャビネット(LO125) トイレ/TOTO/QR・手洗器スリムタイプC(2ヶ所) 給湯器/ノーリツ/GTH-2444SAWX3H-1BL

お客様の声

関連事項

お問い合わせ

リフォーム事例

25年以上の実績で経験豊富なフジアートの施工事例をご紹介いたします。
ご自身の住まいの状況に合う事例を探してみて下さい。
リフォーム事例一覧