フジブロ

2021.02.22 フジハート

フジハート Vol.81

 

まだ2月だというのに、昨日と今日は4月、5月頃の気温になっています。

各地で河津桜が見ごろになっているようですね。

先週土曜日の早朝、ISS(国際宇宙ステーション)「きぼう」が自宅の上空を通るのを見ました。

星よりもはっきり明るく、飛行機よりゆっくりと西から現れ、北へと消えていくまで5分ほどでした。

星のように丸く見えるのかと思っていましたが、肉眼でも少し横長の形状が見えて驚きました。

きぼうは上空400kmを飛行しているそうで、ここ神奈川県から直線距離で400kmはだいたい神戸あたり。

そこは「宇宙」だけれど、案外近いなと感じます。

きぼうが見える理由や見える日時など、詳しくは https://lookup.kibo.space/

または「#きぼうを見よう」で検索してみてください。

 

その前日、金曜日にフジハート2月号を発送しました。

 

<今月の記事一覧>

・代表 - 渡邉

  社長のコラム 「歴史で考察する日本人男性の平均身長

 

・職長 - 岡

  現場の風景「扉の補修

 

・イマドキ・トピックス

  「オーディオブックのススメ」

 

・リフォームアドバイザー - 小石

  Refresh Time「木のお弁当箱」

 

・住まいの快適レポート

  「IoT住宅で変わる暮らしのメリット」

 

・リフォームアドバイザー - 山中

  Happy Go Lucky「インテリアのミニマライズとライティングプラン」

 

リフォーム事例

25年以上の実績で経験豊富なフジアートの施工事例をご紹介いたします。
ご自身の住まいの状況に合う事例を探してみて下さい。
リフォーム事例一覧